結婚相談所の使い方を理解して効率良く婚活していきましょう

積極的に活動しなければ結婚する事はできない

結婚相談所の使い方

●希望条件を厳しくしすぎると・・・

結婚相談所と言えば、結婚をしたい人があつまってくる場所です。そのため、婚活の一環として登録している人が多いのです。

この相談所はうまく利用することで、最大限に活用することができます。一方、ただ闇雲に登録しているだけですと思ったような効果が得られないのも事実です。

では、どのように相談所を活用すれば良いのでしょうか。まず、相談所に登録する際には相手に求める条件を聞かれます。

この条件に合った相手が紹介されるわけです。そのため、条件を細かく設定してしまいがちになります。しかし、それでは相談所をうまく活用することにはつながりません。

この時に条件はなるべくゆるく設定するのです。たとえば、年収が1千万円以上でなければ結婚相手の候補にならないと言う場合であっても、条件を年収1千万円以上としてしまってはいけません。こういった場合でも、年収五百万円以上のように抑えがちな条件を設定するのです。

これでは年収1千万円以上の希望の人が見つからないと考えてしまうのは正しくありません。年収は1千万円以上と限定してしまうのではなく、まずは出会いの可能性を幅広くするのが重要なのです。それが結婚相談所の役割なのです。

このように条件を狭くしすぎないことが、結婚への近道になります。仮に条件を狭くしてしまってがゆえに、出会いが少なくなってしまったのでは元も子もありません。また、思いもかけない出会いというものを排除してしまう結果になりかねないのです。

婚活お役立ち情報